Now Loading...

5-3-45, Rendaiji, Nishi-ku Kumamoto-shi

tel.096-326-0118

小児歯科PEDODONTICS

子供の歯を心から守る

小児歯科 子供の歯は、大人と比べ虫歯の進行が早いのが特徴です。いずれ抜ける物だからそのままで良い…とは考えないでください。大きな虫歯ですと、永久歯が形成不全になったり、永久歯のはえる場所がなくなってしまったりといった乱杭歯の原因になることがあります。

 また、虫歯菌は感染するので周囲の方のご協力も必要となります。小さいうちから早めにケアすることで、虫歯のない歯にしてあげることができますし、定期的なケアをしていれば歯並びの良い状態で永久歯に移行させてあげられます。

 

 それは親から子供への大きなプレゼントとなるはずです。

 

 

 icon-heart 親子で虫歯ケア

 

 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に、虫歯菌はほとんどいません。乳歯が生え揃い、食事形態が変化する1歳半から2歳半の時期に虫歯菌が感染しやすく、この時期は”感染の窓”と呼ばれています。この時期にいかにお子さんに虫歯菌を感染させないかが、虫歯になりにくい子どもを育てるのに重要となります。

 規則正しい食習慣、虫歯になりにくいおやつの食べ方。小さいころから味覚を育てて、バランスの良い栄養摂取と砂糖の摂取方法を知る事は虫歯予防だけではなく、全身の健康にとても大切な事です。親子でしっかりと虫歯ケアをしていくために、ケアのポイントをお伝えします。

 

 

 

歯医者と子どもの関係づくり

小児歯科_2 歯医者さんを怖がるお子さんは大勢います。それはなぜでしょう?たくさんの大きな機械に囲まれて、口に大きな道具を入れるからでしょうか?歯医者さんが白いマスクをしているからでしょうか?

 当クリニックは「歯医者」という環境に慣れてもらうところからの教育を心がけています。診察に来ても診療はせず、会話だけをする日もあります。歯を大切に知る大人になるために、まずは「歯医者」を好きになってもらいたい。わたしたちは、そのように考えています。

  お子様の大切な歯を、しっかりとケアします。

 治療相談とカウンセリングを行い、お子様の歯の全体的なチェックを行います。治療にあたっては十分な説明とコミュニケーションを重視します。また、治療の方針によっては数回通院していただきます。

小児期に重要な歯の役割

 乳歯は永久歯に生えかわりますが、子供の成長において大切な役割を果たしています。

 

 icon-check-circlePoint. 噛む

 よく噛む事は、子供の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立ちす。 意識して食べ物を噛むよう心がけることが大切です。

 

 icon-check-circlePoint. 発音

 正しくきれいな発音を可能にするには、まず歯が健康であることが重要です。特に多くの言葉を覚える幼児期にはかみ合わせに注意する必要があります。

 

 icon-check-circlePoint. 誘導

 乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を誘導します。そのため、乳歯が早期に虫歯で脱落していると不正咬合の原因になる場合があります。

 

 

 このように虫歯のある乳歯を放置しておくと、子供の成長において障害になることもあります。常日頃の予防はもちろんですが、虫歯になった場合には早めに当医院へご相談下さい。